NASAが隠し続ける、月に存在する「異常建造物」

アメリカの科学ジャーナリスト、リチャード・C・ホーグランドが2013年7月20日に出演したニュース番組で、月の裏側に存在する”異常構造物=オーパーツ”を公開した。

それは1969年7月20日、アポロ11号が月の裏側を周回した際、その軌道上で撮影した画像なのだが、なんとそこには、古代アッシリア/バビロニアの「ジッグラト(神殿)」に酷似した、謎の構造物が写り込んでいたのだ。

その”ジッグラト”を拡大したところ、明らかに巨大で、人工的な構造物の様相を呈していたのだ。

構造物の縦横の長さは、それぞれ少なくとも1600メートルあり、高さは800メートルとホーグランドは推定している。

この構造物が位置するのは、月が地球に向いている面のちょうど真後ろに位置する地域である。

これは月にも超古代文明が存在した痕跡なのだろうか…?

月の裏側に存在する謎めいた異常構造物はこれだけではない。

1972年12月12日、アポロ17号月の裏側にあるクレーター内部を撮影した4分間のビデオの1シーンに“それ”は写り込んでいる。

撮影されたビデオには宇宙飛行士によるナレーションがつけられているが、どういう訳かこの異常構造物について不自然なほど、何ら触れられていない。

どう見ても、立体的かつ幾何学的な特徴を示した構造物であるにもかかわらず…だ。

一方、2011年に公開されたアメリカの月探査機が撮影したクレーターの高解像度画像には、地球にある“スフィンクス”によく似た構造物が写り込んでいた。

そればかりか、このスフィンクス像へと続く長い壁や隣接する寺院らしき構造物も写り込んでいる。

これは太古、月にも地球同様の文明が存在したという事なのだろうか。それともその当時の建築技術での制作過程が謎とされているスフィンクスは、月に文明を築いていた宇宙人が地球に飛来し、建築法を伝授した…というのは考えすぎだろうか。



そして米国の退役軍人向けのサイト「ベテランズ・トゥデイ」(2013年1月9日)が、NASA関係者ケン・ジョンストンとドナ・ハレの二人による「月にエイリアンが存在している証拠を消し続けるトリック」と題する内部告発論文について報じている。

彼らによれば、NASAはフィルターを使用して月面を移動する物体を見えなくしたり、ソフトウエアによって人工物が写り込んだ地形そのものに微調整を加えて曖昧にぼやかしたり、という方法が駆使されているのだという。

これまでずっとその存在が主張されてきた月面の人工的構造物、もしくは廃墟の存在。NASAはそれを熟知し、世界に対して嘘を貫いてきたのだ。

では何故真実を隠し続けるのか…? 隠し続けなければならない、人類を脅かす“何か”が、月にはまだ存在しているとでもいうのだろうか…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. うつぎれい より:

    JAXA かぐや の撮影した高精細な月面写真が、グーグルアースの月版である「グーグルムーン」上に何枚か貼り付けられて世界公開されてますが、その「チコクレーター」と「モスクワの海」エリアの画像を詳しくチェックすると、月面に異常な特徴を持った地形が多々見出せます。
    これらの地形はその右下に表示されてる月面の座標と高度を目安にして探せば、世界中の誰でもが自分の目で確認出来るものですが、月面の東西南北にピッタリ4辺を合わせた数十メートルから数百メートル規模の正方形や矩形の構造物があたかも集積回路のように直角に繋がって密集しています。
    JAXAの広報はこれを、白々しくも「意味の無い自然の地形」として、その重要性を認めようとしません。
    が、かつての国会での 「特定秘密保護法案」を巡る論議の中で、その特定機密の内容が一体どんなモノを指しているのかについて、安倍首相が 「 私も見ましたがモノクロの航空写真のようなモノで・・・ 」 等と答弁してたモノこそはこうしたモノだったのではないか? と考えるに十分なモノのように思えます。
    何故なら普通に想像される軍事上の航空偵察写真やスパイ衛星写真よりも、こうした月面上の異常な矩形構造物の集積の方が、米国や日本の政治権力にとって遥かに重大な機密事項である事は、あのエドワード・スノーデン氏が例の盗聴問題と一緒に暴露した、もう一つの重大な暴露内容に照らしても間違いないからです。
    但し、それにも拘わらずこのグーグルムーン上に貼り付けられ、もう世界中に公開されてしまってる、この数枚の 「 かぐや 撮影画像 」 は、それが既に誰もが見る事の出来る状態である為、それが例えウッカリと公開されたモノであるとしても、最早 「 秘密 」 の要件を満たしていない為、如何に大々的に報道されたとしても特定秘密保護法の対象である等とは言えないモノになっています。
    その詳しい分析を、以下に公開しています。
    http://ameblo.jp/utzsugi-rei/entry-12176347979.html
    この問題は与太話ではなく、国民全体が知るべき重大な事実です。
    常識の範囲で軽々しく安易に判断してることこそが、大間違いなのです。
    http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/utzugi/OpenLetters_015.htm
    以上